ハードディスクを交換する前に確認しておくべきポイントや作業方法

価格を知ることで

データ復元サービスの価格について

パソコンのデータを保管するストレージは、衝撃や熱を受けて劣化したり、直前まで問題なく動いていても、急に故障する事があります。 データ復元サービスは、故障したストレージを詳細に分析して、データを取り戻す試みを行う業者が提供します。 価格は容量の大きさで決まり、大容量のデータ復元は費用が上昇する相場が一般的です。 個人向けのデータ復元は、業務用よりも取り戻したい容量は小さいので、破損したデータ量が少ないならば、比較的安く取り戻せる可能性があります。 HDDは大容量化が進み、保存できるデータは膨大になります。 今後も保存可能な容量が増えると、更に失われるデータが増え、データ復元の費用が膨れ上がり、復旧作業の時間も増加します。

データ復元を行う場合の注意点とは

データ復元業者に依頼する場合は、故障したストレージをパソコンから取り外し、速やかに依頼を行う事が重要です。 無理にデータ復元を試みると、症状が更に悪化する事がありますし、復元作業の手間が増して、必要な金額が増加する可能性が高まります。 慎重な作業を要するデータ復元は、作業時間の長さが価格に反映されます。 データを保管するソフトウェアの不具合なら、データ復元は短時間で行えますが、物理的な故障が発生すると、費用が増える傾向になります。 パソコンがエラーを発したならば、原因を特定する作業を行ったり、市販のデータ復元ソフトの使用は避ける事が、被害の拡大を免れる方法です。 リスクを高めないためには、画面に表示されたエラーメッセージをメモし、電源を規定の方法で切ってから、故障したパーツを取り外し、業者の元へ届けます。