ハードディスクを交換する前に確認しておくべきポイントや作業方法

活用するべき

株式投資におけるEMAの活用について

EMAは株式投資におけるテクニカル分析の指標の一つである指数平滑移動平均として知られています。単純移動平均の欠点を補完するために改良された新しい移動平均として生みだされた考え方です。また移動平均、収束、拡散法の算出に使用される仕組みですのでこれらを理解するためにも必要な知識であるということが出来るでしょう。 単純移動平均のことをSMAと呼びますが、これはEMAとは異なり短期毎日の株価の平均値をプロットしてつなぎ合わせた物です。株価の変動が右肩上がりが下がっているかの大体の変動を見ることが出来る一方で、それ以上の物ではないのです。EMAの場合には日付の近い日の影響ほど重みづけをして評価をする点が特徴であり、最近の変化の影響を大きく評価したものであると言えるでしょう。この様な情報を活用するテクニックを身につけることで新しい視点が得られます。

EMAの計算方法についての基礎知識

EMAを計算する場合、当日の株価の二倍の数字を計算期間の日数にプラス1した数字数字で割った数字に対し、前日のEMAを足し合わせた数字を足したものを示すことが出来ます。この計算式が意味しているものは当日の株価を2倍にすることで大きく評価し、その変化の方向性を大きく反映させるという仕組みが特徴的であると言えます。 SMAの場合にはこの様な重みづけがありませんので一定期間内の純粋な変化のみが数値となって表れる仕組みです。SMAの場合は計算式上、計算範囲外の数値は直ちに対象外の数字になりますが、EMAの場合には計算期間よりも古い数字が直ちに消えるということはなく、徐々に影響力を失っていくという形で工夫されています。