ハードディスクを交換する前に確認しておくべきポイントや作業方法

認識しないとき

hddの容量や規格の変遷

パソコンが一般的に普及されるようになってからの、hddの変化は著しいものがあります。マザーボードに取り付ける為のインターフェースと呼ばれる接続方式には、従来「IDE」あるいは「ultraATA」と呼ばれるものが使用されてきました。現在では「SATA」と呼ばれる方式が一般的となり、価格や性能もIDEと比べると非常に優れているものとなります。 hddの容量は、従来メガバイトが主流でした。しかし、現在ではギガバイトは当然ながらテラバイトまでの容量に発達し、大容量のhddが常用されています。また、パソコン普及率増加とhddパーツの市販に伴い、自身で購入・交換する時代となりました。hdd認識しない故障は、hddが消耗品であるがゆえに、過去から現在までも避けられない事実です。hdd認識しない故障に、容易に対応できる体制が現代では整っている事が言えます。 一般的な用途においても、大容量かつ高速な転送を必要とする現代があるからこそ、hddの著しい変遷をもたらしてきたものとなります。

hdd性能や金額の今後の動向

現代のhddインターフェースにおいて「SATA」による接続方式は、ほぼ確立したもの言えます。よって、SATA以降の新しいインターフェースは存在しない予想がされます。一方、hddの容量及び、転送速度の性能は今後も向上する傾向が予想されます。また、容量の割合による金額も下がる傾向が予想されます。特に、外付けhddの用途では、パソコンのみならず、テレビの録画用やタブレットなどのデータ保存などにも使用されていることから需要が高まっています。そのことからも外付けhddの価格は更なる価格低下が予想されます。 hddの消耗品という考え方は今後も変わりません。hdd認識しない故障は予期できないものとして今後も取り扱われていくものとなります。しかし、hdd認識しない故障に対して、寿命を延ばす対策の動向は今後も続くものとされます。